優良衛生品質管理市場・漁港認定市場の紹介

与那原・西原町漁業協同組合水産物 荷さばき施設

市場概要 @ 開設者 与那原・西原町漁業協同組合 代表理事組合長 当真 聡
A 設 立 平成27年12月
B 所在地 〒901-1301 沖縄県島尻郡与那原町字板良敷647-1
市場施設 @ 構 造 RC造り
A 面 積 延床面積486.70u
B その他
 ・紫外線殺菌冷海水製造装置
 ・テクセルパレット(鮮魚荷さばき用)
 ・電動式フォークリフト (1台)
営業状況 @ セリ時刻 8:00
A 登録買受人 10名
B 取扱量 442.9トン(平成28年)

荷捌所全景
荷捌所全景
ソデイカ漁船
ソデイカ漁船
指定入場口の手洗い場
指定入場口の手洗い場
長靴消毒槽
長靴消毒槽
陸揚げ作業
陸揚げ作業
選別・計量
選別・計量
計量
計量
出荷(場内専用電動リフト)
出荷(場内専用電動リフト)
業務終了後の洗浄の様子
業務終了後の洗浄の様子
使用水区分とホース掛け
使用水区分とホース掛け
主な水産物・漁法

主な漁法:ソデイカ旗流、鮪一本釣り、ヒジキ
主な水産物:春(ヒジキ) 夏(マグロ) 秋(マグロ) 冬(ソデイカ)

市場の紹介

与那原・西原町漁業協同組合は沖縄県本島中南部に位置し、湾内漁場では天然ヒジキが収穫でき、夏はマグロ、冬はソデイカを中心に水揚げをしており、平成27年12月に開設した水産物荷捌き施設は沖縄県で最初の閉鎖型市場であり、紫外線殺菌冷海水製造装置を導入し、温度管理を徹底した水産物を提供しています。

与那原・西原町漁業協同組合のホームページ http://www.yonishi.com/index.html

地域の紹介

与那原町は本島南部に位置し、独特の歴史を持つ町で古くから天然ヒジキやマグロ漁業が盛んでした。町の三大名物としては、与那原ヒジキ、与那原大綱曳、赤瓦窯業があり、平成32年には大型MICE施設が整備予定となっており、今後県内外から多くの人が訪れる町として期待される。

与那原町のホームページ http://www.town.yonabaru.okinawa.jp

↑ページの一番上へ